ティア.

ティア.の”ブライダルビューティー”

❤夏のお風呂事情❤

真夏は湯船に浸かりますか?

真夏は暑いのであまり湯船に浸かるという人は多くないと思います。

しかし、暑くても湯船に浸かるといいことがあるようです

本日は夏のお風呂事情をお伝えします‼

 【お風呂に浸かると夏バテに良い‼】

ぬるめのお湯につかると、副交感神経が活発になり、リラックス効果が得られ、ぐっすり眠ることができます。

良質な睡眠は、夏バテに負けない健康的な身体をつくるために絶対に必要です!

【夏バテに効果的な入浴方法は?】

リラックスするのに最適な入浴方法は、38~40℃のぬるめのお湯に20~30分つかることです。

血管が広がり全身の血液循環が活発になると同時に、汗をかくことで体内の老廃物が体外に排出されます!

【半身浴】

身体のみぞおちより下だけお湯につかる方法です。

身体に対しての水圧が低いため、心臓に負担がかからず、下半身のほうが体温が低いため、

その血液を全身に巡らせるのにも半身浴は効果的です。

汗が出にくい人は、お風呂の前にコップ1杯程度の水分補給をし、お湯のなかに少量の塩を大さじ1~2杯(15~30g)

入れると、汗の出がぐんと出るはずです‼

【肩や首のコリには寝湯】
肩や首がこっているときは、首のあたりまでお湯につかるようにしましょう!

温熱の作用で首や肩の血行が促進され、浮力によって肩の筋肉の緊張が和らぎます

また浴槽が長い場合には、浴槽のふちに首を乗せ、首や肩に頭の重みがかからないようにする寝湯もオススメ

【足のむくみには温水&冷水シャワー】

立ち仕事や冷房のために脚が疲れたり、むくんだりしたときは、ふくらはぎへシャワーをあてましょう!

ふくらはぎの内側に温水を1分、外側に冷水を3~5秒ほど交互にかけると、血流がよくなりむくみがとれやすくなります。

夏バテ対策には食事や運動だけでなく、入浴も一役買っています‼

 

 

 

 

暑いからと言ってシャワーで済ますのではなく面倒くさがらずに、自分にあった入浴スタイルを見つけ、バスタイムを楽しみながら、この夏を乗り切って下さい(*^_^*)